« 暗室ナイト2017.Feb | トップページ | 天気予報 »

2017年2月 8日 (水)

100年の時を越えて

昔から顔なじみのお客様が古い白黒ネガの

プリントをしてほしいということでご来店されました。

ネガと言っても今のフイルム式ではなく、ガラスに

乳剤を添付してあるものでした。

Img_0006b

以前、同じタイプのネガをお預かりしたことが

ありましたので今回も自分で暗室プリントしました。

P_20170208_132129b

印画紙に焼き付けて現像液に浸したら

人物が浮かび上がってきました。

10代くらいの若者です。

頭には、ちょんまげがあり、刀を2本差して、靴をはいています。

たぶん100年くらい前の写真だと思われます。

お客様の奥様のご先祖さまとのことでした。

古い写真をコピーさせていただくことは、よくありますが

こんなに古いフイルムを直接プリントする機会は、滅多に

ないので貴重な体験です。

今回、このネガをプリントさせていただいたおかげで

100年の時を越えてその当時の方にお会いした気分

になりました。

写真は、このようにして後世の人たちに残せる

すばらしいものだとということを再認識いたしました。

|

« 暗室ナイト2017.Feb | トップページ | 天気予報 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/152960/69528296

この記事へのトラックバック一覧です: 100年の時を越えて:

« 暗室ナイト2017.Feb | トップページ | 天気予報 »